|_・) EP-10VA。まずは試しプリント!

|_・)さっそく、買ったばかりのEP-10VAの試しプリントを!という話なんですけど。

さぁ、我が家にEP-10VAがやってまいりました!^^

大きさは今まで使っていたCanon MG8230とほぼ同じ。後ろの手差しガイドを開いた状態だと、A3対応だし、角度が水平に近い分EP-10VAの方が後ろに大きくでっぱります。

さてさて試しプリント!

用意するもの:

EP-10VA

Eizo CS230-CN(x-rite i1Dipslay Proで調整済み)

だいたい5000Kのデスクライト

試しプリントに向いてそうなカラー写真とモノクロ写真

エプソン写真用紙クリスピア2L判

いざ!

ソフトウェアはWindows版Adobe Photoshop CC2014(←めんどくさくて更新してない)。

カラー写真はカラー管理をPhotoshopで相対的、プリンタ側は補正無し。

モノクロ写真はカラー管理をEP-10VAで相対的、モノクロ写真の純黒調(デフォルトの硬調)に設定。

上の画像は、どれもプリント後1日以上経ってるもの。

 

ちなみに写真の色調整時はディスプレイの設定を「印刷用(5000K)」にして調整してるので、上の写真はディスプレイを印刷用にし、だいたい5000KのLEDデスクライトで照らし、Nikon D600のホワイトバランスを5000Kに設定して撮っています。(プリントが黄色く見えるのは部屋の蛍光灯の影響で、実際には画面よりクールな感じ)

プリンタ用にディスプレイのキャリブレーションをしてない状態でこれだけ近ければ申し分ないでしょ!?

いやー、さすがEP-10VA…と言いたいところですが、Canon MG8230でプリントしても同じくらいのプリントが出てくるので、プリンタがさすがなのではなくて、EizoのCS230-cnが素晴らしい!!!素晴らしすぎる!!ということになります^^

(逆に言うと、CS230を買う前にさんざんプリントに悩んでいたのはなんだったんだよ!という感じ><。)

しかし、ちょっと気になることがあるんですよねぇ…。

クリスピア20枚とグレーインク1本使っても解明できてないんですけど><。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る